コーヒーについて最近のわたしのおすすめのコーヒーショップ

最近私がよく利用するコーヒーショップがドトールコーヒーです。ドトールでは、コーヒーはもちろん、コーヒーに合う食べ物も販売されており非常に利用しやすい店舗が特徴的なお店です。わたしはよくドトールでアイスコーヒーを頼むことが多いです。非常にまろやかな口当たりとコーヒーの甘さが非常においしいドリンクです。主に夏の暑い時期に利用することが多いです。わたしはあまり熱いコーヒーは好きではないのでその点からもよく夏場に利用します。サイドメニューとしてたまにわたしはごろっとアボカドとプリッとエビのミラノサンドを注文することがあります。アイスコーヒーの冷たさにちょうどいいサンドでわたしも大好きなアボカドが入っているのでとてもおすすめです。アボカドは単体で醤油をかけるとまぐろのトロのような味がする食感が魅力的です。もちろん単体で食べてもおいしくカロリーも少ないのでダイエットにもおすすめの食べ物だと感じます。値段も手ごろでアイスコーヒーと合わせて購入しても1000円もしないのも財布にもやさしいのでおすすめのメニューです。

買い物途中のあいた時間にしてもらったマッサージ

このあいだ大型ショッピングセンターに買い物にいったときに、無料ハンドマッサージをうけることができるという催しがやっていました。ちょうど買いものも終わり、次の用事までに時間もあったので、無料という言葉におためしでお願いすることにしました。はじめてハンドマッサージをしてもらったのですが、アロマオイル的なものをつけて優しく店員さんがおこなってくれました。最初特に何とも思わなかったのですがだんだん気持ちよくなってきました。血行もよくなったのか、手がポカポカしているのがわかりました。ハンドマッサージをしてもらったあとは、なんとなく肌もしっとり明るい色になった気がしました。いつも仕事でこういった時間はつくることができないので、自分にご褒美で次はフェイスもいいかななんて思ってしまいました。やはり人におこなってもらうマッサージは、自分でおこなうものよりも格段に気持ちがいいです。また、もしおためしがあったらぜひお願いしたいなと思いました。

久しぶりの赤ちゃん誕生。パンダお母さんにエール

上野動物園のパンダが赤ちゃんを出産したという速報が入って、昨日からずっと赤ちゃん誕生おめでとうで、日本中お祝いムード。お母さんパンダのシンシンも、5年前には生まれたばかりの赤ちゃんがなくなってしまったり、偽妊娠があったり、悲しいニュースや苦労もあったから、今回の嬉しいニュースに、なんだかこちらまで嬉しくなる。
それにしても、パンダの出産ってもともと難しいってよく聞きますね。妊娠するための発情期がそもそも短くて、オスとメスでタイミングを合わせるのがすごく難しい上に、妊娠した後も体調管理や、産んでから後の育児も大変だとか。だって、お母さんパンダのあのジャンボサイズから生まれてくる赤ちゃんがほんとに小さくて華奢な手のひらサイズ。自分の体の大きささえ持て余すような母親パンダがこんな繊細な大きさの子をお世話しないと、となると、それはそれは大変だろうと。大型の動物なら生まれる赤ちゃんは、大抵親に合わせてそれなりのサイズで生まれてくるの、なぜよりによって、これほどの体格差?パンダが絶滅危惧種になるほど数が減ってしまうのも、こういういろんな要因が絡み合っているのだろうな。お母さんパンダには元気で子育て頑張れますようにと願います。

折角皆で集まるので手打ちでサラダうどんに挑戦

友達を呼んで、家でのんびりとお喋りしました。最近は暑かったりしたのでさっぱりと食べられるサラダうどんを作りました。今回は麺を手打ちに挑戦。でも、粉は拘らないで小麦粉で作ることにしました。うどん専用の粉も売っていましたが、余っても他に使えるので小麦粉で。塩水を入れて全体をまとめた後は、しっかりコシを出すために大きめのジップロックに入れて踏み踏み。テレビを見ながらやると結構飽きずに続けられます。麺を伸ばして切るのは手動の器具でやりました。予定時間よりも早く来た友人に手伝ってもらい茹でる手前までの作業は完了。次に上に添える具材を用意。鳥ハムにレタス、ミニトマト。一回食べて二次成長した豆苗。汁は顆粒だしと醤油、みりん等を混ぜて調節。市販とはまた違った味わいを目指しました。仕事が押して遅くなる友人もいたので、来るまでは麺を茹でおいて雑談していました。そして友人が合流して労いの言葉をかけた後、早速面を茹でようとしたところ、麺が粉が足りなかったのかくっついてしまい、また同じ作業になってしまいました。今度は水加減に注意しなくてはいけないと思いました。アクシデントはありましたが無事にサラダうどんは完成して、皆で美味しく食べることができました。皆で食卓を囲んで、時間を気にせずのお喋りはとても楽しかったです。

アーリーサマーやらクリアランスやらセール多すぎ

セールでパンプス買いました!
普段履きにするんだぜ!
4000円と安かっただぜ!
もう1足毛色の違う靴買ってもいいかと血迷いかけた!
まあ給料日後にまた考える。
今日まで履いてた革靴は楽だけどとにかくボロくて地味なのでグッとこらえて封印!
捨てられない所が弱さ。
雨靴にすればいーやとか思ってるんだそれにしてもダサいのに。

鞄も靴も基本的に使いやすいお気に入りが1つずつあればいい派。
でも靴は2足以上を履き回した方が最終的に長く履けるんだってね…知ってるよ…。
鞄は会社に持ってってるでっかいカラフルなのと、遊びに行く時持ってくちっちゃいピンクの。
ピンクのは4年くらい使っている。
なので会社の人も遊ぶ人も私は鞄は1つしか持ってないみたいに思っててもおかしくないのである。
使わないだけで実はもう少し持っているのである。
ただ真剣に使わない。

今年は傘を

・普通の雨傘
・雨晴兼用長傘
・折り畳み雨傘
・会社に置く折り畳み雨傘
・折り畳み雨晴兼用傘

と5本も買っているのである(内3本セール品)
5年前から使ってた雨傘がとうとう壊れたのだが、それにしたって+4本。
もう傘は完璧だな!
折り畳みの雨傘は会社用合わせて2本あるとすごく便利。

さてこれであと3年は身の回りの物を買わなくていい気がする。

〈育児〉我が家の2人とし子の弟の初めての幼稚園

 うちには、長女、次女、長男の3にんがいます。今年、長女が9歳で、次女が4歳で、長男が3歳で、つまり、下のお二人はとし子です。ご近所のおばあちゃんが『二子よりとし子がいらない』と昔からよく言うわよ。『お宅は大変だよ。』といつも聞かされる。確かに、大変なこともたくさんありますが、楽しいことも、新しい発見もたくさんです。
 長男の3歳お誕生日はちょうど日曜日でした。次の日、予定通りに次女の幼稚園に入りました。私たちと家族たちとご近所さんたち、皆さんそろって心配して、初めての幼稚園はいやいやじゃないかしら。
 しかし、幼稚園の玄関に入ってとたんに、彼がおねえちゃんの次女に連れてもらって、自分の下駄箱に行って、ズックを履き替えようとします。そして、次女に言われて自分のひよこ部屋に自然に入っていきました。先生たちも笑顔で迎えてくれました。『凄いな!』とこんなにスムーズだと感心しました。1日目の幼稚園が終わって、『幼稚園、たのしい?』『うん、たのしい』と返してくれました。
 でも、2日目にちょっとした事件がありました。それは幼稚園の園庭で遊んでいる時間に、彼が自分のおねえちゃんを見つけると、急に大きい声で鳴きながら次女の名前を呼びあげて、それを聞いたおねえちゃんもなみだぼろりとしました。周りの先生たちが彼らを見て、感動し、さすがにおねえちゃんだね、おやさしいことですに。私が帰る時間にお迎えにいくときに、先生からまっさきにこの話を教えてくれました。自分もびっくりして、こんなこともあるねと先生と一緒に笑いました。

 全身脱毛 回数

初めてフルーツタルトを作り、友人の誕生日パーティーへ

最近お菓子作りハマっていて1週間に3回はお菓子を作っています。
パウンドケーキ、チーズケーキなど簡単なものを作る機会が多かったのですが、友人の誕生日ということもあり、フルーツタルトを作ってみることにしました。
市販のタルト台を買おうか迷ったのですが、今回はタルト台も作ってみることにしました。
日中はゴロゴロしながらおいしそうなレシピを探し、お昼は姉が作ってくれたパスタを食べました。
生パスタというものを初めて食べたのですが、モチモチしていてとても美味しかったです。
午後は材料をスーパーに買いに行きました。綺麗なイチゴを見つけて1人で少しテンション上がっていました。
タルト台は思っていたよりも簡単でした。型に入れる時に空気が入らないようにするのがコツだと思います。
カスタードクリームは母から教わったレシピで作りました。
タルト台を冷ましているいるあいだ、イチゴの飾り切りにも挑戦。綺麗にできたと思います。
最後はフルーツにツヤを付けて完成です。

夜は友人の自宅でお誕生日パーティーをしました。
フライドチキンやピザがたくさんあり、みんなで話すよりもバクバク食べました。
タルトは、友人がとても喜んでくれました。
来年のリクエストはティラミスケーキだそうです。上手に作れるように練習しておきたいです。

とっても楽しい1日でした。

オーストラリア、ケアンズ近郊で、楽しめる観光スポットを紹介します。

オーストラリア、ケアンズ近郊で、楽しめる観光スポットを紹介します。
デインツリー国立公園は、デインツリー川を中心に広がる国立公園は世界遺産にも登録されており、
さまざまなアクティビティが楽しめ、なかでも、マングローブが茂る森を船に乗って散策する、
リバー・クルーズは人気があります。
運がよければ、野生のクロコダイルが見る事ができるそうです。
ケアンズからは、車で、2時間30分ほどの場所にあります。
モスマン渓谷は、熱帯雨林に囲まれた綺麗な渓谷です。
透き通った川の周辺には約2.4kmの散策コースがあり、ストラングラー・フィグなどの珍しい植物を観察
しながらトレッキングが楽しめます。また、アボリジニのガイドに案内してもらえるツアーなどもあり、観光客も
楽しめるスポットだと思います。
ケアンズから車で、2時間ほどの場所にあります。
アサ—トン高原は、海抜400から1000mの広大な高原地帯で、湖や、滝、国立公園などがあり、
綺麗な自然に囲まれた場所です。巨大な木の、カーテン・フィグ・ツリーは、カーテン状に垂れ下がる根が見ごたえが
あります。その他、野生動物も多数生息している場所で、観光客も楽しめるスポットだと思います。
ケアンズから車で、2時間30分ほどの場所にあります。

オートバイの音は、大人がたてるくらいです

東京はタワーマンションがあるので、少ない土地でも、たくさんの人が住むことができますが、京都は、高さ制限というのがあって、どうしても、住める人数に限界があるのです。特に、中心部です。ただし、福祉もいい、学校もいいのです。こうなると、土地を手放す人がありません。家は、子供へと継承されます。建築工事をしていても、それが、外部に出回ったものではないのです。子孫へと引き継がれるのです。これも京都の特徴かもしれません。
それでも、20坪が限界です。それ以上の土地などは出ることはないのです。便利さと、土地の値段の費用と比べると、東京よりはお得なようです。東京も23区全てが便利ということもないですから。小さい、新宿、渋谷、銀座が集まっているという感じです。リトル東京です。
子供たちも、昼間に見かけることはないのです。オートバイを乗り回す子供も見かけません。バイクの音は、大人しか立てないのです。これも必見です。