大谷選手がメジャーへ移籍、その時栗山監督は

日本ハムの大谷翔平選手が、大リーグのロサンジェルスエンゼルスへ移籍することが決まりました。
けがなく、活躍できることを心から願っています。
恩師と言ってもいいでしょう、日本ハムの栗山監督がこの報道に対して「翔平はエンゼル(天使)だったんだな」と意味不明なコメントを発表しました(笑)
そして、「これは文句だけれど、これからもずっと心配していくんだと思います」と話しました。
日本ハムはダルビッシュ選手や田中賢介選手など、大リーグ挑戦を容認してきました。
大谷選手が日本ハムに入団したとき、大リーグへ行く前に日本で実績を残してからでもいいのでないかとくどき、5年間在籍しました。
栗山監督も大リーグへ行くまでに二刀流をある程度形にしようと指導していたと思います。
今年、けがをしてプレーができなかったときには栗山監督も叩かれることがありました。
でも、いつも栗山監督は大谷選手に対して最善を尽くしてくれていたと思います。
これからも二人の師弟関係は続いていくと思います。
その中で心配しながら見守り、時にはアドバイスしてくれるといいなと思います。
しかし、1人育て上げたらまた次に清宮選手を育てないといけないのですね。
栗山監督は気の休まることがないなあと思います。
そんな栗山監督を応援していきたいです。

わたしの趣味、ドームでの野球観戦について。

わたしの趣味は野球観戦です。

もともと年に一度くらいの観戦でしたが三年程より応援する選手が出来たので今は平日でも仕事が終わって電車とバスを乗り継いでドームに向かって応援するほどです。

ドームでのむビールやお酒も盛り上がってる熱い雰囲気の中最高なのですが、明日も仕事という日はペットボトルのお茶にコンビニおにぎりを持参してなるべくお金をかけずに観戦という時もあります。チケットもどうしても行きたいイベントの日はファンクラブに入ってる友人に頼み購入してもらい、通常の試合は野球観戦が好きだと周りに話してるため、どこかからチケットが回ってくるため月2回は観戦出来ています。

勝ち試合の時は花火が上がったりで帰りもウキウキモードですが負け試合になると明日の仕事もどんよりとなってしまいます。

家のテレビで細かくみれる中継も解説も聞けますし楽しいのですがわたしは近くからはみれませんがドームの雰囲気を味わいながら楽しく観戦するのが今のたのしみです。髭 脱毛 ミュゼ